ベジ*タベル・ラボは、ベジタブルをたべる研究室!
大地が織りなすアート作品“野菜・果物”を五感で楽しく味わってみましょう。
モットーは、楽しくおいしくかわいくヘルシー!
その都度お申し込みいただく単発講座ですのでお気軽にご参加ください♪

料理教室バナー.gif
当講座は、野菜ソムリエ協会認定料理教室です。
※野菜ソムリエ協会主催ジュニア野菜ソムリエ講座を受講ご希望の方には
受講料優待クーポンを発行しています。詳しくはお問い合わせください。




2014年08月10日

エダマメ*ワークショップレポ

エダマメスウィートディップ 420.jpg

Vitamix centerにて開催致しました
エダマメのワークショップ@ベジ*タベルラボ×Vitamix

開催レポをアップしました♪
http://ameblo.jp/nico-vege/entry-11907698745.html

次回は、秋。
テーマは「りんご」です(^^)

posted by トウコ at 00:00| Comment(0) | ベジ*タベル

2014年06月01日

トマト*ワークショップレポ

tomato .jpg
3月に新生Vitamix centerにて開催致しました
トマトのワークショップ@ベジ*タベルラボ×Vitamix

開催レポをアップしました♪
http://ameblo.jp/nico-vege/entry-11824944500.html

次回は、夏。
テーマは「枝豆」です(^^)



posted by トウコ at 00:20| Comment(0) | ベジ*タベル

2013年03月30日

ニラタベル*レッスンレポ。

ベジニラ全体.JPG
春先においしさを増す「ニラ」。
3月のベジタベルラボでは、
そんなニラを深堀りするレッスンをしました♪

まずは、ニラさんの素性を知ってもらい、
おいしい目利き、最大限に活用する秘策、
そして、薬膳の視点などをレクチャー。

1ニラ.jpeg
栃木県産のニラを中心に、

2ニラ花ニラ.jpeg
花ニラ、

3ニラ黄.jpeg
黄ニラをご紹介♪

食べ比べは、
種類別に加えて、部位別、調理法別で、
味付けは一切せずに、
素材そのものの味を感じてもらいました。

それぞれに、食感や香り、甘みなど、
少しずつですが違いがあります。

そして、春先の栃木産ニラのうま味の濃さに、
味付け無しでもおいしい!!と、皆さん驚かれていました。

(かくいう、私もビックリでした、笑)

4当日.JPG
ニラの薬膳レシピは、こんな感じで3品♪

レバニラや餃子など、オヤジイメージの強いニラさんを、
“意外とかわいい女子”っぽく見えるように仕立ててみました(笑)

ニラキッシュ1.jpeg

ニラのミニキッシュ
〜潤い補給&体力回復に〜

ニラキッシュ2.JPG

ニラのミニキッシュ、その2
仕上げ違いで。

ニラスナック.jpeg

ニラチーズチップス
〜砂漠肌に潤いを〜

ニラシャンピン.jpeg

ニラたっぷりのシャンピン
〜スタミナチャージ&冷え性撃退〜

ベジニラシャンピン手順1.JPG
シャンピンは、みんなで皮から手作りして包みました。
一見難しそうだけど、簡単に出来る秘訣を伝授☆
ベジニラシャンピン手順2.JPG
ほら!
失敗しないでしょ☆

※手順の写真は、参加してくださったさちさんが撮影してくださいました〜
 ありがとうございます!


今回はお子様も2名参加してくれましたが、
一緒に楽しくつくって、みんなで試食しました(^^)
おいしい〜という声をたくさんもらえて、うれしかったです♪

ご参加くださった皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

***

また、JA全農とちぎ様より、
おいしいニラをたくさんご提供いただいたので
お土産としてもお渡ししました。
ご自宅で早速復習された方も多かったようです。

JA全農とちぎ様、ニラの生産者の皆様、
ありがとうございましたm(_ _)m




posted by トウコ at 09:03| Comment(0) | ベジ*タベル

2012年12月14日

ナイトパーティ「日本橋空港」Vol.2*レポ。

bnr_airport_20121108.jpg
先日、ウラハラ藝大 日本橋アトリエで開催された
ナイトパーティ『一芸でとぶ世界の国々〜日本橋空港 vol.2』

※以下、スマホ画像につき粗くてスミマセン〜。

機内食1.jpeg
食の一芸?ということで、
私は機内食を担当しました(笑)。

機内食.jpeg
ラベルは、しまもと機長(笑)デザイン。
クリスマスカラーのラベルを用意してもらいました。
(あれ?名前のスペルが間違ってます、笑)

機内食3.jpeg
パカーンと開けるとこんな感じ。

テーマは「ちょっと早めのクリスマス」
そして、食材で各地を旅していただきました。

奥から、
ハーブでマリネしたチキンをグリルして、
トットちゃんパンでサンドしました。
茨城のこだわりサラダ菜と
赤いカシスマスタードを添えて
クリスマスカラーの仕立てに。

右手のサラダは、
青森十和田のふじもり農園さんのミネラル栽培レタス、
沖縄の島にんじん、紅芯大根のスライスに、
カナダのアマニオイルのドレッシングを。

手前は、
チョコレートケーキ&フルーツに
クリスマスモチーフのジンジャーマンクッキーをのせて。

機内食2.jpeg
さぁ、搭乗開始です!

チケット.jpeg
搭乗者に配布されたチケット。
(しまもと機長デザイン。芸が細かい・・・、笑)

まずは、おりがみ野口くんで有名な長谷川さんの一芸でアメリカへ。
リンカーン.jpeg
スターバックス リンカーン。
(なんと、アメリカ紙幣で折られています!)

ガンジー.jpeg
サンダーバード ガンジー。
(ガンジーだけに、インドの紙幣で)

他にもいっぱい。
あっという間に世界一周♪

お次は、
ディジュリドゥの吉田ユースケさん、
インドバイオリンの添光さんのライブ。
インド2.jpeg
インドの映像とマッチして、

インド.jpeg
本当に異国へ旅してるみたい。

ダンス.jpeg
金野 泰史さんのダンスも登場して、
とても幻想的でした。

おかげさまで、
イベントも機内食も大好評にて終了いたしました♡
来年また、しまもと機長企画で開催されるらしいですよ♪

このナイトパーティは、どなたでも参加出来ます。
参加費は少々いただきますが、
燃料サーチャージもパスポートも不要です(笑)

ご興味ありましたら、次回はぜひご搭乗くださいませ。



posted by トウコ at 14:35| Comment(0) | ベジ*タベル

2012年09月20日

さくっと美味しいベジつまみレッスン*レポ

お久しぶりのアトリエ開催WSは、
さくっと美味しいベジつまみレッスン♪

< photo by Hiroaki SEO >
_MG_0162.jpg

とちぎの茄子と白美人ねぎをつかって、
Beerに合う、簡単ベジつまみをご紹介しました(^^)

_MG_0191.jpg

はじめに、茄子と長ねぎについての基本的なことや、

_MG_0175.jpg

薬膳的な効能などをお伝えして、

_MG_0195.JPG

栃木県の野菜についてのお話もさせてもらいました。

_MG_0179.jpg
光を浴びるほど美味しくなり、成分のほとんどが水分という茄子。

栃木県は、実は日照量が日本一、そして良質な水も豊富。
おいしい茄子が育つ条件がバッチリなのです!

_MG_0192.jpg
青い部分までもやわらかくおいしい、プレミアムな「白美人ねぎ」
特別な方法を用いて、丹精込めて育てられています。


では、一切味付け無しのスッピン状態で味わってみましょう。

_MG_0182.jpg
切り方による違い、調理法による違い。
それぞれに違う味わいを、じっくり感じていただけたようです。

「本来の甘さ、旨味が知れてよかった!」
「野菜って、味付けしなくても味があるんですね〜」
といったお声もありました。

素材そのものの魅力を、まずは知ってもらう。
というのが、私のWSの基本コンセプトです。


すっぴんの味わいを知っていただいた後は、
Beerに合うおつまみのレッスンへ。

_MG_0228.jpg

今回はレッスン時間が短かったので
デモンストレーションスタイルでご紹介しました。

いずれも、ほんのちょっとのコツで、
さくさくっと簡単においしく出来ちゃうレシピ。
つくりおきもOKなので、多忙女子におすすめでございます。


_MG_0212.jpg

茄子のディップ 2種

さっぱり系のパープルディップ、こっくり系のホワイトディップ。
チップスや野菜スティックにつけていただくカラフルな茄子ディップです。

_MG_0219.jpg

茄子のピリ辛ナムル

Beerには、ピリ辛風味がよく合います♪
薬膳的にいうと、茄子は酒の肴にすると悪酔い防止に!

_MG_0220.jpg

万能ごまねぎだれ

今回は蒸し鶏にのせて。
冷やしトマトや冷しゃぶ、冷や奴にもよく合う万能だれです。

_MG_0224.jpg

焼き長ねぎの海老花椒風味

お好みで、大分のかぼすを添えて。
温めたトルティーヤに包んで食べてもらいました。

_MG_0229.jpg
ノンアルコールBEERで乾杯〜♪(笑)

おいしかったー、楽しかったー、また参加したい♪
と、うれしいお言葉をいただいて、私も楽しゅうございました。

_MG_0234.JPG
皆様、ご参加ありがとうございました♪

茄子と白美人ねぎをたくさんご提供くださった
JA全農とちぎさまにも感謝です!


[参加者さまのブログ]

☆ヴォーカリストのChiakiさん。
http://ameblo.jp/g-plus-family/entry-11355733195.html
とってもかわいい野菜のうたも歌っていらしゃいます♪
http://www.youtube.com/watch?v=QpA0KRnNvYc


[事務局ブログ]
http://urahara-geidai.net/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/2012/09/15/3849/


posted by トウコ at 16:30| Comment(0) | ベジ*タベル

2011年11月16日

きのこ*タベタ☆レポ。

11月のベジ*タベル・ラボは、きのこ*タベルparty〜
PB014096.JPG
Oisixさまから届いたきのこを召し上がっていただきました♪

きのこさんの性格や取り扱い方法、
ひと味違う調理の秘訣をレッスンした後は、
おなじみの食べ比べ♪

ラインナップは、こんな感じでございました〜。
きのこリスト.jpg
きのこって、ルックスも味も個性豊かですよね〜
含まれる栄養素や、薬膳的な働きも様々なんですよ。

共通することは、ローカロリーで食物繊維が多い。
うまみ成分も豊富だということ。
最近は、余分なコレステロールを排出するなど、
生活習慣病のリスクを低減する働きも知られていますね。

また、テレビで話題のえのきピューレも試食してもらいました。
2パックのえのきを水400mlと一緒にミキサーにかけたものを
30分煮詰めてピューレ状にするだけなのに
あっさりしたカスタードのような不思議な味わいがあります。

・・・・・

きのこワールドにどっぷり浸っていただいた後は
ご用意したきのこさんをつかってお料理レッスン。

PB024121.JPG
きのこたっぷり春巻き。

PB034130.JPG
やまぶし茸ときくらげの貝柱スープ。

PB024102.JPG
マッシュルン入りミートローフ。

PB024114.JPG
白いきのこのアジアンマリネ。

※写真はイメージです。

・・・・・

ミートローフとマリネは一晩寝かしたほうがよいので前日の作り置き、
春巻きとスープは、みんなで大騒ぎしながら調理実習〜♪

そして、みなさまに上手に盛りつけていただきました♪
PB124371.JPG
付け合わせにはマッシュルームのサラダ。
ミートローフには、えのきピューレを添えて。

素材そのものの食べ比べは、
さっと焼いたものを食べていただきましたが
それぞれのきのこの特徴をいかしたレシピにすると、
また違った味わいを感じることが出来ます。

初雪茸やコプリーヌは、マリネのほうが評判がよく、
やまぶし茸も、スープにするといいお出汁が出ます。
アロマイタケは、香ばしく焼いてから春巻きにすることで、
実は舞茸が苦手だという方にも、おいしいと言ってもらえました(嬉)

今回、レシピをまとめるにあたって、
いろいろなキノコを試したり、組み合わせたり、
他の野菜たちのレシピ開発よりも、多くの試行錯誤を重ね、
たくさんの「ほ〜」を見つけることが出来ました。


ん〜、きのこも深いわ〜!

ご参加くださったみなさま、
ご協力くださったOisixさま、
ありがとうございました!!

・・・・・

次回のベジタベルラボ 日本橋アトリエでのワークショップは、
冬眠熟成を経て、春の気配が感じられる頃を予定しております。

開催詳細が決まりましたら、こちらのHPにてご案内します。
冬眠期間は、各地の畑来訪ネタなどを少しずつアップしていきますので
ご興味ありましたら、時々チェックしてみてくださいね。

なお、ワークショップ開催のご案内メールを希望される方は、
左上の「受講申込み」をクリックしていただき、
問い合わせ欄に「案内メール希望」とご記入ください。



posted by トウコ at 06:55| Comment(0) | ベジ*タベル

2011年10月07日

unkaji☆レポ。

10/1(土)。音楽イベントunkajiへ、出張ベジタベル♪
会場は代官山のオシャレなカフェ「山羊に、聞く?」でございました。

プチ講座のテーマは、秋のカラダと旬の食。
PA013748.JPG
Oisixさまの旬の食材をつかって、
秋の食養生を意識したランチのプロデュースもいたしました。
PA013746.JPG
鶏れんこんボールといろいろキノコのクリームシチュー。
隠し味に意外なあるものを入れています♪
そして、生で食べられるかぼちゃ「カボッコリー」のサラダ。

お食事をしていただきながら、
PA013760.JPG
秋のカラダにおすすめの食材やレシピについてお話した後は、
旬のフルーツカクテルのデモンストレ−ション。
PA013766.JPG
火をつかわずに、チャッチャと出来る節電レシピです。
PA013743.JPG
豊水、巨峰、シークワーサー、白キクラゲに、
PA013742.JPG
おいしい蜂蜜とレモン汁、ジャスミンティをつかって。
皆さんには予め作って冷やしておいたものを召し上がっていただきました。
PA013771.JPG
どうですか〜?
(ムリヤリおいしいと言わせている?笑)

ランチも講座もおかげさまで好評でした。
翌日、早速実践してくださった方もいらしたとのこと。
お役にたてて、嬉しゅうございます♪

そして食後には、外池さんのミュージック。
まったりといい感じのイベントでございました。

ご参加くださった皆様、運営スタッフの皆様、Oisixさま、
ありがとうございました〜!

・・・・・・

あ、次回ベジタベルは、11/12(土)。
テーマは「きのこ」です♪
皆様のご参加お待ち申し上げております〜。
posted by トウコ at 01:29| Comment(0) | ベジ*タベル

2011年09月24日

なす*タベタ☆レポ、その1。

9月のベジ*タベル・ラボは、なす*タベルparty〜
P9173539.JPG
Oisixさまから届いたなすを召し上がっていただきました♪

そして〜
P9173541.JPG
キャシー工房からの出張キャラ、ナスーンくん(笑)
いつものように、ラボの様子はナスーンくんにレポートしてもらいましょう。

P9173545.JPG
どもー。ナスーンです。
ボクのルーツはインド。熱帯、亜熱帯の生まれだから寒いところは苦手〜。
寒いところに置いておくと風邪をひいて茶色くなっちゃう。
冷蔵庫に入れっぱなしにしないで、早く食べてね〜。

ボクのご先祖さまが日本にやってきたのは、ずっと昔。
栽培の歴史が古いから、全国でいろいろな品種がうまれたんだよ!

P9173544.JPG
今日はそのたくさんの品種から、厳選5種類を食べ比べ〜♪

P9173548.JPG
●坂本さんの千両なす(栃木県産)
●トロなす(白なす/千葉県産)
●滴り水なす(和歌山県産)
●三豊なす(丸なす/香川県三豊地区特産)
●小布施丸なす(信州の伝統野菜/長野県産)

生と加熱とで、それぞれの味がぐぐっと変わるのも面白かったね♪
滴り水なすの水分量の多さ、生でもおいしい坂本さんのなすなど、
愛情込めて作られたなすのおいしさを再認識してもらいました☆

少しマジメに、来歴、目利き、調理の秘訣、栄養、薬膳のことなど、
なすについてたっぷりレッスンした後は、おまちかねの調理実習〜。


P9083497.jpg
『なすのヘルシームサカ』〜気力回復、乾燥が気になる方に〜
P9083483.jpg
『キャビア・ド・オーベルジーヌ(なすのディップ)〜むくみ、血行不良が気になる方に〜
P9153531.JPG
『なすのケークサレ』〜疲労からのイライラ、乾燥肌に〜

それから、
スプラウトとお出汁のゼリーで生け花風に盛りつけた『水ナスの和風サラダ』

P9173551.JPG
当日の盛りつけはこんな感じ〜♪
ディップは、チコリと玄米クレープで巻きました。
Oisixさんの玄米クレープはパーティの演出に便利♪

そして、たくさんのなすたちがお腹の中へ消えました〜。
P9173537.JPG
ボクたちの魅力、知ってもらえたかな〜?

<参加された方のお声>※一部
・なすの食べ比べは初めてだったので、勉強になりよかった。
・ゆるい感じが楽しかった。
・地方によってそれぞれの茄子になっていることなど、楽しく勉強になった。
・お料理がとてもおいしかったので作ってみます。
などなど、他にもお褒めの言葉をたくさん書いていただきまして、
嬉しくて舞い上がっちゃいました。みなさま、ありがとうございます!!
(自画自賛すぎて恥ずかしいので、掲載は自粛します〜)

また、ご参加いただいた方がブログでご紹介くださっています。
・エッカさん→☆
・クッチョロさん→☆



原宿のウラハラ藝大アトリエでのレッスンは、これでラスト。
最後のクラスが盛り上がってしみじみ〜。

と、する間もなく、出張ベジタベル。
なす*タベタ☆レポ、その2。へ続きます。


posted by トウコ at 08:47| Comment(0) | ベジ*タベル

なす*タベタ☆レポ、その2。

原宿アトリエでのラストレッスン(→☆)を終えた後は、出張ベジタベル。

旗の台なかよしボクシング倶楽部にて、会員様向けのプチ講座をしました。
こちらのジムは、心身の健康を目的に通われる方が多いとのこと。
運動も大切だけど、食事も大切ですからね〜。

P9193559.JPG
この日もテーマは、なすで。
●坂本さんの千両なす(栃木県産)
●トロなす(白なす/千葉県産)
●滴り水なす(和歌山県産)
●三豊なす(丸なす/香川県三豊地区特産)
●小布施丸なす(信州の伝統野菜/長野県産)

P9193561.JPG
品種ごとの味の違い、生と加熱での味の違い。
みなさん、へ〜〜〜〜とうなりながら、試食されていました。

そして、
Oisixさまの安全性が確保された食材をつかったお料理レッスン。
P9193564.JPG
上から、
なすたっぷりの、山形のだし。
水なすと梨とおかひじきのサラダを、メイヤーレモンのドレッシングで。
なすのぐるぐる味噌ロール。

と、簡単でおいしいレシピ3品をご提案。
実はなす嫌いという女子もいらっしゃいましたが、
ふと気がつくとおかわりを・・・(嬉)

私も昔はなす嫌いでした。
だから、なぜ嫌いなのかのツボがわかるんです。
それを感じさせないようにすると、おいしくいただけちゃうんですよね。
うふふ。まんまと私の作戦にはまったね〜!(ニヤリ)


<参加された方の声>※一部抜粋
・レパートリーが少なく同じ様な料理ばかりでしたが、
 生に近い料理法なのに、美味しくて感動しました。
・なすは苦手ですが、なすと梨のサラダも肉巻きもおいしかったです。
 家でも作ってもらいたいです。参加してよかったです。
・野菜の料理法を新たに学べて、実際味見をすると驚きの連続でした。
 美味しく食べるためのコツを色々学べて、家でも試せそうだし、
 美味しかったし大満足でした。
・今まで食べたことのない美味しさとおしゃれさでとてもよかったです。
・なすは元々好きな野菜ですが、切り方や品種の違いで
 こんなに楽しめるものかと驚きました。
・ナスと梨が合うのにビックリでした。
・新しい食べ方を知れてよかった。
・これからも素材をいかした料理を学びたい。

スタッフブログでもご紹介いただきました→☆


食べ切れなかったなすたちは、お土産に。
ご自宅でもおいしく召し上がってくださったようです♪
Oisixさま、ご協力ありがとうございました!

posted by トウコ at 08:10| Comment(0) | ベジ*タベル

2011年08月28日

栃木トマト*タベタ☆レポ。

8月のベジ*タベル・ラボは、栃木トマト*タベルparty〜
P8243381.JPG
JA全農とちぎさまより、夏トマトを直送していただきました♪

そして今回もキャシー工房から、出張キャラ(笑)
420_IGP2851.jpg
とまとくん〜と、

420_IGP2853.jpg
とまこさん〜。

ラボの様子は、とまとカップルにナビゲートしてもらいましょう。
420_IGP2823.jpg
どもー、とまと&とまこです。
まず最初にボクたちのヒミツから明かしていくよ♪

所属はナス科。アンデス高原あたりの生まれ。
長い長い旅をして、今では世界中に仲間がいるんだ〜。

ボクらのご先祖様が初めて来日したのは、江戸時代。
食用として栽培されるようになったのは明治になってからなんだよ。

420_IGP2829.jpg
栃木では、ハウス栽培で一年中トマトを出荷してるんだって。
冬でも晴天が多くて日照時間が長いから、特に冬春トマトが主力だそう。


本当は冬春トマトを味わってもらいたかったけれど、
震災の影響で、夏トマトのタイミングになったんだとか。
栃木もいろいろ大変だったんだね。
農家さんが頑張って作ってくれたトマト、しっかり味わっていただきましょう!


トマトの歴史、目利き、保存法、栄養、薬膳的な働き、
もっとおいしく食べる秘訣、旬についてレッスンした後は、
お待ちかねの食べ比べ〜。
420_IGP2839.jpg
乱切り、輪切り/生、輪切り/加熱、ピューレ/生、ピューレ/加熱。
5種の調理法による違いをシンプルに感じてみる。

同じトマトでも、
カットとピューレでは、味が違うね。
ピューレは、生と加熱でも、全然違う。
「本当に、塩もオイルも何も無しでこの味?」と、
加熱ピューレの濃い旨味に、みんなビックリ!

参加者の反応にニヤリ〜(笑)

素材そのものの味を知った後は、
この夏トマトをメインにしたお料理をつくります。
420_IGP2848.jpg
スライスしたり〜、
420_IGP2855.jpg
グレープフルーツナイフをつかってくり抜いたり〜、
420_IGP2872.jpg
わいわい、おしゃべりしながら〜、

栃木の夏トマトの特性をいかした薬膳レシピをつくる〜♪
今回は夜ラボだから、白ワインに合うような構成にしたんだって〜。

420_IGP2863.jpg
『トマトのリーゾファルシー』〜ストレスからの肌荒れ、不眠に〜
『スパイシートマト豆腐』〜気管支のトラブル、貧血気味の方に〜

リーゾというお米型のショートパスタをつかったさっぱりサラダと、
パテとしてもいける、トマトをつかったお豆腐。


420_IGP2866.jpg
『トマトとイワシのカリカリグリル』〜お肌のくすみ、高血圧、不眠に〜

簡単に出来るイワシの手開きの方法もついでにレクチャー。

P8193320.jpg
グラタン皿でつくるとこんなイメージ。


420_IGP2875.jpg
そして、みんなでいっただっきま〜す♪

420_IGP2827.jpg
箱いっぱいのトマトが、イリュージョンのように消えたね!(笑)
ボクらの魅力、たっぷり満喫してくれたかな〜?


<栃木トマトについての感想>
・酸味が強い気がします ・酸味もいいものだと思った
・みずみずしいです、さっぱり系ですかね
・水分が多い、酸味と青臭さがある懐かしい味


JA全農とちぎさま、野菜ソムリエ協会Sさま、参加されたみなさま、
ありがとうございました!

この日は、青森の新聞社さんが取材してくださいました。
記事掲載は、東奥日報9/9夕刊「首都圏発」コーナーの予定です。


・・・・・・

次回は、9/17(土)なす!
参加者募集中です♪ →☆

posted by トウコ at 21:01| Comment(0) | ベジ*タベル

2011年08月05日

きゅうり*タベタ☆レポ。

7月のベジタベルラボは、きゅうり*タベルparty〜
_MG_2008.jpg

きゅうりのことを深く知っていただきながら、
たくさんのきゅうりを味わっていただきました。
_MG_2013.jpg

そして、今回もキャシー工房から出張キャラが・・・
_MG_2023.jpg
「どもー、キュウリです。最近夏バテ気味でダルいんだよね〜」

それでは、夏バテのからだにやさしい
きゅうりのヒミツから明かしていきましょう。
_MG_2027.jpg
原産地はインド・ヒマラヤ山麓。
乾いたところも、寒すぎるところも苦手です。
_MG_2046.jpg
そして、新鮮なきゅうりは、水分がたっぷり。
_MG_2022.jpg
カットして置いておくと、導管から水が溢れてきます。

歴史のこと、目利きのこと、栄養のこと、品種のこと、
_MG_2042.jpg
あれこれヒミツを明かしていった後は、

お待ちかねの食べ比べ。
_MG_2056.jpg
「香り、味、食感など、五感をつかって味わってみてね〜!」

本日のラインナップは、右から
_MG_2012.jpg
・白イボ系きゅうり(店頭でよくみかけるタイプ)
・四葉きゅうり(宮城産)
・上賀茂四葉きゅうり(京都産)

_MG_2011.jpg
・上賀茂白きゅうり(京都産)
・相模半白きゅうり(神奈川産)
・加賀太きゅうり(石川産)
・モーウィ(沖縄産)

P7313148.jpg
もろきゅうり(宮城産)、かわいい花丸きゅうり(愛知産)も。

_MG_2059.jpg
「ボクの仲間、まだ他にもいるんだよ。いっぱいいて驚いた?」

素材の味そのものを堪能した後は、
_MG_2066.jpg
きゅうりをメインにした薬膳レシピのレッスン。

_MG_2127.jpg
スライサーでシャッシャと刻んで〜
_MG_2093.jpg
盛りつけていったり、くるくる巻いたりして〜

_MG_2102.jpg
『ピリ辛きゅうりソースの変わり棒棒鶏』〜夏バテで食欲不振のときに〜
このきゅうりソース、大好評でした♪

_MG_2119.jpg
『冷や汁カッペリーニ』〜暑さストレスでイライラ、食欲不振に〜
歯切れのよい四葉きゅうりをつかいました。

『きゅうりビシソワーズ』〜夏バテで無力、お腹の調子悪めの方に〜
白きゅうりをつかって優しい色合いに。

_MG_2124.jpg
『きゅうりのレモン漬け』〜喉の乾き、夏バテ予防に〜
加賀太きゅうりと相模半白きゅうりでさっぱりと。

_MG_2132.jpg
「ボクの魅力、いっぱい知ってくれたかな〜?」

出張から帰ったキュウリくんのトークはキャシー工房ブログにて→☆

ご参加くださった皆様、ありがとうございました♪
次回予定はコチラです→☆
またのご参加お待ち申し上げております〜。

posted by トウコ at 02:57| Comment(0) | ベジ*タベル

2011年06月06日

アスパラ*タベタ☆レポ。

5月のベジラボ講座は、
アスパラガス*タベルParty。

あーんなことやこーんなこと、アスパラガスのヒミツについて、
ちょっぴりマジメなレクチャーも交えつつ、
420_asp1.jpg
いろ〜んなアスパラガスさんを楽しんでもらいました。

420_asp4.jpg
420_asp5.jpg
産地や品種の違いや、

420_asp3.jpg
420_asp2.jpg
サイズ(太さ)による違い、

ひとことに「アスパラガス」と言っても、それぞれに個性アリ。
五感をつかって、その個性を感じてみます。
420_asp6.jpg
<今回のラインナップ>
・グリーン(太)/秋田県産
・グリーン(普)/岩手県産
・グリーン(細)/青森県産
・グリーン(ミニ)/タイ産
・ホワイト(極太)/オランダ産
・ホワイト(太)/ペルー産
・ホワイト(細)/福島県産
・パープル/長野県産
(参考)アスパラソバージュ/フランス産

太さや産地で食味がちょっとずつ違う。
みなさん、ふむふむ言いながら味わっていました。


・・・・・

上の写真のピンクシールが、実はパープルさん。
残念なことに、加熱するとグリーンさんになってしまうんです。
(皮だけ紫色のため、皮をむいてもグリーンに・・・)

しかし!
パープルさんは、糖度が高くアクが少ないため生食OK。
紫色を楽しみたいときは、サラダがおすすめです♪
420_asp7.jpg
と、いうわけで。
切り方による食味の違いを観察してもらいました。

斜め切りよりも、輪切りがおいしい。が、多数。
お料理って、こういうところが面白いですね〜。

・・・・・

そして。
アスパラガスをつかった薬膳レシピレッスン。
デモンストレーションは、ヘルシーオーブン鍋JOYCOOKで。

420_asp8.jpg
「ホワイトアスパラのビスマルク風」〜疲れからの肌トラブルに〜

↑で使用したのは、福島産とオランダ産。
ペルー産はじっくりバターソテーがおいしいとのこと(八百屋さん情報)


420_asp9.jpg
「アスパラのカリカリロール」〜気力回復、体内の乾燥感・熱感に〜
「アスパラとチキンのテリーヌ」〜疲労回復、むくみに〜

カリカリロールは太いグリーンアスパラを、テリーヌには細いグリーンアスパラを。
食感と見た目を意識して、使い分けをしました。


420_asp10.jpg
楽しくわいわいと試食タイム〜。

みなさま、ご参加ありがとうございました!
仲卸のSさん、ご協力ありがとうございました!

次回ベジ食べるは、7/31(日)。テーマはきゅうり。
リクエストに答えて、次回もおしゃれレシピにしようと思います〜♪
posted by トウコ at 09:07| Comment(0) | ベジ*タベル

2011年05月03日

TOM-VEGE*タベタ☆レポ。

いやぁ、ぼんやりしているうちに、
すっかり季節が変わってしまいました。のんびりでスミマセン〜

2月のベジラボ講座は、
十和田おいらせミネラル野菜*タベルParty。
towada_2.jpg
テーマが青森県の野菜だったので〜。
都内の青森PR居酒屋「りんごの花」さんにて開催しました。

そして今回も。
キャシせんせいのベジキャラ!→☆

towada_1.jpg
とろろいもこさんは、おいもPartyに次いで2度目の参加。
あれ、、、そのセクシーな後ろ姿は、、、、

towada_3.jpg
ニンニクさん!(ちょっとキャラ濃いめですが・・・)

と、いうわけで。ナビゲーターはこのツートップでお送りします♪

みなさ〜ん。
十和田おいらせミネラル野菜(TOM-VEGE)って知ってますか〜?
詳しくはコチラ→☆

towada_4.jpg
十和田おいらせミネラル野菜が育まれる地の歴史的背景と、
生産者さんの熱きスピリットに思いをはせながら・・・

「ちぢみほうれんそう」「寒〆菜(小松菜)」「ながいも」「ごぼう」
「プレミアムにんにく」の、味わいを感じてみてね〜。

towada_5.jpg
ちぢみほうれんそう・寒〆菜を、ワイルドにむしゃむしゃと味わってみる。

towada_6.jpg
次は、それぞれをさっと茹でて。
葉と軸と根、それぞれ味の違いを感じられるかな〜?
(根っこのスイーツ並みの甘さがサプラ〜イズなのです!)


towada_7.jpg
長芋は、さっと焼いたもの・生とで、食べ比べ実験。

towada_8.jpg
ごぼうは、生と焼いたもの。
火を通したごぼうは、輪切りと千切りでも。味わいの違いはどう?
プレミアムにんにくは、さっと火を通したもので試食〜。
(食後の口臭が気にならない、よいこなニンニクくんなんです)

野菜そのものにパワーがある分、味付けせずともおいしくいただけちゃう。
お料理苦手だ〜という方にぴったりな野菜たち!

と、いうわけで。
この野菜くんたちをつかった、薬膳的『冷え対策』レシピをレッスン♪

towada_11.jpg
モチモチごぼうシューマイ。

towada_9.jpg
ながいものふわふわ蒸し。

towada_12.jpg
ちぢみほうれんそうの蒸しスイーツ。

寒〆菜は、シュリンプガーリックスープになりましたよ。

towada_10.jpg
ついでに、ササッとガーリックトーストも焼いちゃって〜。

生徒さんの「飲んじゃいますか?」の一声で。
towada_13.jpg
かんぱ〜い!しちゃってます。

towada_14.jpg
東北ホップ100%の黒ラベル。ホップの香り高い美味しいBeer☆
東北限定商品につき、都内ではこちらのお店でしか飲めないらしい。


・・・・・・・・・・・・・

さて、日付変わって翌日は、ランチ付きのunkajiライブイベントへ。
o0510037811072843279.jpg

_MG_1070.jpg
会場は、テラスがここちよい渋谷のカフェ「デイライトキッチン」

_MG_1036.jpg
こちらでも、十和田おいらせミネラル野菜のプチ講座♪

_MG_1053.jpg
お料理デモンストレーションは、必殺10秒クッキング!
あっという間に、長芋のすり流しが出来上がりです。
_MG_1044.jpg
40名分の試食もスタンバイ〜。
_MG_1057.jpg
おいしく味わっていただきました(行き渡らなかった方、スミマセン!)

みなさんにお配りしたランチボックスへも、
TOM-VEGEのごぼうor長芋の一品を。
さっと素揚げして軽く塩をふっただけでしたが、
「おいしい!!!」と好評でございました。
素材がいいと、料理の腕は関係なくなりますね〜。

ご参加くださった皆様、ご協力くださった皆様。
遅ればせながら、お礼申し上げます!ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・

上記イベントは、震災前に開催されたもの。
東海地方が震源の大きい地震は来るかもしれないと思っていたけれど、
まさか東日本がこんなことになるなんて、予想だにしていませんでした。
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

2011年5月3日(火)〜5日(木)11:00〜17:00
復興支援プロジェクト「ACTION for NIPPON 〜日本の未来と子どもたちの明日のために〜」
代々木公園屋外ステージ及びケヤキ並木広場にて、
被災地などから集められた野菜・果物を含む物産品が販売されます。
http://vf2.way-nifty.com/reconstructionsupport/2011/04/post.html
十和田のおいしい野菜の販売もあるようです。
お近くの方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。


posted by トウコ at 01:29| Comment(0) | ベジ*タベル

2011年01月25日

ネギ*タベタ☆レポ。

420_IGP1066.jpg
1月のベジラボ講座は、ネギ*タベルParty。

みなさんが来る前に、食べ比べ用のネギを焼いていたら、
420_IGP1052.jpg
ウラ藝アトリエが、香ばしいネギの香りで包まれてきました。

420_IGP1057.jpg
そして今回もいますよ、キャシーせんせい作の「ネギ」キャラ。

420_IGP1068.jpg
みなさんの反応を想像して、思わずにやにやしてしまいます。。。(妄想族)

420_P1221943.jpg
さて。準備が整い、参加者さんがボチボチ集まってきました。
講座レポは、ネギくんにバトンタッチ〜。

420_IGP1065.jpg
ニイハ〜オ♪ ボクのご先祖様は中国出身。
紀元前から栽培されていた、古〜い歴史ある野菜なんだよ!

420_IGP1073.jpg
歴史から、品種のこと、成分のことなどなど、、、
420_P1221945.jpg
ボクのヒミツをいろいろ明かされてしまったようだ・・・。


420_IGP1063.jpg
で、本日のキャストは、こんなラインナップ。

●千寿ねぎ(千住群)
●赤ねぎ/レッドポアロー(千住群)
●海っ子ねぎ(千住群)
●下仁田ねぎ/殿様ねぎ(加賀群)
●曲がりねぎ(加賀群)
●九条ねぎ(九条群)
●芽ねぎ(九条群)
●リーキ/西洋ねぎ/ポアロ(ネギ属の仲間)


420_IGP1081.jpg
あ、赤ねぎのゆるキャラ!! サーファーねぎくんもかわいいね。

420_IGP1131.jpg
200余年の歴史をほこる千寿ねぎさんのパッケージはお江戸風味。

420_P1221952.jpg
いちばん左の断面は、リーキくん。
ネギだと思ってるひとが多いけど、植物分類上はネギじゃないんだ。
断面が他と全然違うのが、わかるかな?


で、次は。
品種の違い、調理での違いを感じてみてね。
420_IGP1062.jpg

輪切りを、生と加熱で食べ比べして〜。
420_IGP1080.jpg
「カラっ!!」とか「あまっ!!」とか、いろんな感想があったね(笑)
420_IGP1078.jpg
生の、赤ねぎくんは優しいピリリ、下仁田ねぎくんは驚愕のピリリ。


さぁ引き続き、盛り沢山でどんどん行きますよ〜。
次は、調理タイム〜♪
420_IGP1116.jpg
九条ねぎくんは、さっと茹でて、
420_P1221968.jpg
「イカと葉ねぎのひともじぐるぐる」といっしょに、酢みそでパクリと。
こちらは、冷え性&潤い不足のかたへのレシピ。
いも虫っぽい見た目とちがって(?)、おいしいでしょ。

420_IGP1094.jpg
多数決で選んだ「曲がりねぎ」くんを詰め物にして、、、
420_IGP1107.jpg
焼く〜!!
420_IGP1112.jpg
カリっと「ネギじゃこきんちゃく」だよ。
これも、評判よかったね!

420_IGP1127.jpg
「アサリのネギクリームスープ」
貧血予防、コレステロール高めの方へのレシピ。
乳製品も豆乳もつかっていない、ネギオンリーのスープだって。


参考ネギメニューとして、、、
420_IGP1083.jpg
意外にも、バゲットとネギも合うのだよ。
420_IGP1114.jpg
「トマトサーディンと芽ネギのオープンサンド」
手抜きなのに、かっこよいメニュー〜☆

420_P1221969.jpg
「リーキのゼリー寄せ」
和風だしでさっと煮たリーキくんにゼラチンを入れて固めるのみ。
これも、カンタンだけど、お料理上手に見えてしまう魔法のメニュー。
プチヴェールとにんじんで彩りもよく、ね。

420_IGP1117.jpg
本日のおネギメニューはすべて、みなさんのおなかのなかへ消えました。

420_IGP1064.jpg
みんな〜、今日は楽しかった〜??
再見!!



参加してくださったみなさま、
仕入れに協力してくださった築地市場のSさん、
キャシーせんせい&アシスタントKちゃん、
ありがとうございました☆


あ、最後に。お時間ある方のリクエストにお答えして、
420_IGP1133.jpg
千寿ねぎくんをじっくりとホイル焼きに。
生だとあれだけ辛かったのに、見違えるようにとろりと甘くなって。
調味料入らずのおいしさでした。

今が旬のネギくん。
みなさんもたっぷり楽しんでくださいね!

photo by キャシーせんせい&参加者さん。
☆キャシーせんせいの記事は→☆
☆ウラ藝事務局の記事は→☆

次回のベジラボは、2/26(土)。
十和田おいらせミネラル野菜をテーマにします。
お楽しみに♪

posted by トウコ at 12:46| Comment(0) | ベジ*タベル

2010年12月23日

りんご*タベタ☆レポ。

420_りんご2.jpg
12月のベジラボ講座は、りんご*タベルParty。

420_りんご1.jpg
みなさんの目の前に並べたりんごたちを眺めてもらいながら、
りんごのヒミツや歴史について、ちょいとマニアックなお話を。

あ、りんごオタクの方ならお気づきです??
りんごの並び順に隠されたヒミツを・・・(笑)


で、お待ちかねの品種食べ比べ。
今回は「品種改良の歴史」を「味覚」で感じていただく企画♪
420_りんご5.jpg
1)明治時代にいらした「国光」さん。
2)初めての日本生まれの品種「印度」さん。
3)日本のエース!昭和生まれの「ふじ」さん。
4)平成生まれの「星の金貨」さん。
5)なんとも個性的な品種「千雪」さん。
6)まだデビュー前の秘蔵っこ「青り24号」ちゃん。

エクストラゲストとして、
7)果肉から葉っぱまですべてが真っ赤な「Redfield」さん。
8)木村秋則さんのところの無肥料無農薬「サン陸奥」さん。
食べられる状態でなかったけれど「和りんご」さんもご用意しました。

420_りんご4.jpg
420_りんご3.jpg
で、8品種を1/8ずつ食べていただいたので、
この時点でおひとりさまあたり、りんご1個分完食〜☆

みなさんの反応のよさに、ニヤリ・・・のわたしです。

PB071515.jpg
ちなみに「和りんご」さんはこれ。手前のちびっこです。
奥のりんごは、左が「サン陸奥」、右が「陸奥」。
陸奥は袋をかけるとキレイなピンク色になるのです。
※この写真は、別の会場で撮影したものです。

P9230909.jpg
秋にカリフォルニアで見て味わった「アメリカのりんご」のお話も少し。

ここで、反省がひとつ・・・。
このくだりで、お伝えしたかったことは、
「食べる側や流通側のニーズが、生産過程の複雑化に関係している」でした。
アンケートを見ると「アメリカのりんごはマズい」と感じた方がいらしたようで、
う〜ん、そうでは無かった〜、ごめんなさい〜と反省しきりです。


「アメリカのりんごもおいしい」です!
お詫びして訂正させてもらいますm(_ _)m


さて、気を取り直しまして。。。
420_りんご7.jpg
上記(5)の千雪さん。
いったい、どんな風に個性的なのかといいますと・・・
420_りんご6.jpg
すりおろして1時間後の比較実験。
御覧の通り、果肉が空気に触れても茶褐変しないのです!!!


だいぶ、おなかいっぱいになってきましたが、
まだ「タベル」授業は続きます♪

今回ご紹介したベジラボオリジナル薬膳レシピは、
●りんごと豚肉のグリル(から咳、便秘、お疲れ気味の方に)
420_りんご8.jpg
420_りんご11.jpg

●りんごの生春巻き(食べ過ぎ飲み過ぎによる不調、ストレス多めの方に)
420_りんご9.jpg
420_りんご10.jpg

●りんご羊羹のデザート(からだの乾燥感に)
420_りんご12.jpg
紅玉を皮ごとつかったので着色料添加は無しです!
ナプキンは、青森の雪をイメージ♪

それから、「青り24号をつかったグリーンサラダ」と、
一瞬みんながひるんだ「青汁りんごジュース」なども、
お召しあがりいただきました♪

今回のアンケートでは「よかった」のパーフェクトを頂戴しまして。
お疲れさまBeerを美味しくグビっと飲ませていただきました。

ご参加くださった皆様、ご協力いただいた青森のりんご研究所のK様。
心より感謝申し上げます♪

PB071516.jpg
なお、新品種「青り24号」に関する皆様の貴重なご意見は、
研究所の方へフィードバックさせてもらいました。
将来、店頭で見かけたら「あ、これこれ♡」とお手にとってくださいね。


去年も「りんご」をテーマにしたプチ講座を致しましたが、
今回は、それとは全く異なる内容でお送りしました。
りんごに関しては、まだまだ違う切り口がいっぱいあるんですよ!
本、1冊は書けるくらいネタがあります。
来年の今頃にもまた、しつこく「りんご」をテーマに開催したいと思います。

次回のベジ*タベル・ラボのテーマは「ネギ」。
1/22(土)の開催です。
皆様のご参加をお待ち申し上げております!
posted by トウコ at 16:27| Comment(0) | ベジ*タベル

2010年11月04日

かぼちゃ*タベタ☆レポ。

10月のベジラボ講座は、かぼちゃ*タベルParty。
420_かぼちゃセット.jpg
かぼちゃについて、じ〜っくり考えたり、味わってみたりみました。

かぼちゃ、10月、といえばハロウィン!
420_かぼテーブルjpg.jpg
テーブルセッティングもハロウィン仕様に♪

そして、もちろん、、、
420_かぼキャラ.jpg
今回もいますよ!(キャシー先生作フェルトキャラ)


では、講座のレポートはこのかぼちゃくんにお願いしましょう。
420_かぼちゃキャラ.jpg
ボクの名前はスクウォッシュ。南米生まれの西洋かぼちゃさ!
ホクホクと甘いボクらは、セニョリータにモテモテなんだよね
揺れるハート

420_かぼ講義.jpg
さぁ、ボクらのことについて、おはなしが始まったよ。
種類や特徴、歴史についてとか〜。

420_かぼちゃ比較.jpg
ヘタの断面が五角形なのが日本かぼちゃ、
ヘタの断面が丸いのが西洋かぼちゃ。とか〜。

目利きや栄養、薬膳、キュアリングのはなしなんかもね〜。
おお、なんてマニアックなんだ。

420_かぼちゃキャラ2.jpg
みんな、マジメにメモってたね〜。
難しいはなしの次は、食べ比べだよ!

420_かぼちゃ.jpg
左からバターナッツ、打木赤皮甘栗、黒皮ちりめん、坊ちゃん、えびす。
420_かぼ食比.jpg
えびすかぼちゃ
○坊ちゃんかぼちゃ
黒皮ちりめんかぼちゃ
バターナッツ
打木赤皮甘栗かぼちゃ。

それぞれの特徴を感じながら、静かにじーっくり五感で味わってみます。
参加者の好みが、ずばーんと分かれるのが面白いね!


次は、かぼちゃをつかった薬膳レシピの紹介&調理デモ。
「どのかぼちゃで食べたい???」と、リクエストを聞いて、
420_かぼグリル1.jpg
「打木赤皮甘栗かぼちゃ」をカット。
420_かぼグリル2.jpg
おいしいオーガニックオリーブオイルとハーブで、
420_かぼグリル3jpg.jpg
かぼちゃのハーブグリル
(ストレス多め&お疲れ気味の方に)


420_かぼ白和え.jpg
「日本カボチャ」の白和え
(乾燥、空咳が気になる方に)

420_かぼ料理.jpg
おまけで、かぼちゃのキッシュや、
420_かぼパン.jpg
かぼちゃパンもあったね。
420_かぼサラダjpg.jpg
生の「バターナッツ」をシャーっとスライスしてサラダで食べたりもしつつ。

420_かぼデザート.jpg
かぼちゃのヘルシースイーツ
(イライラ、便秘気味の方に)
420_かぼデザート2.jpg
MONSTER MUNCHっていうおばけスナックで
ハロウィン仕様になってたよ(笑)

420_かぼキャラ3.jpg
ボクらをいっぱい知ってくれたかな?
もっと好きになってくれたかな?



ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!
次回は、12/11(土)の開催予定です。
またのご参加をお待ち申し上げておりますぴかぴか(新しい)


☆参加者目線のかぼちゃ講座の様子は
→☆
mariさん、ブログでのご紹介ありがとうございました!

→☆
ひおきせんせい、ご参加ありがとうございました!


そして翌日は、ひおきせんせいのおいしい書道「かぼちゃ」編。
かぼちゃバトンをお渡ししました
→☆
posted by トウコ at 01:36| Comment(0) | ベジ*タベル

2010年07月08日

梅*タベタ☆レポ。

6月のベジラボ講座は、梅*タベルParty。

今回は、ウラハラ藝大アトリエを飛び出して、
恵比寿のレストラン「ボナペティ」にて開催しました♪


420_梅2.jpg
いろんなテイストの梅を味わってもらいつつ、
梅への関心を深めていただきました。

韓国の甘〜い梅実茶を飲みながら、梅に関するあれこれをレッスンした後は、
6品種7種類の梅ジュースの飲み比べ♪
梅1.jpg
「白玉」「パープルクイーン」「大桑」「剣先」「南高」
「古城(皮あり)」「古城(皮剥き)」

まず、ぱっと見の色も違うし、味も香りも全然違う〜〜〜!!
参加者のみなさんからも「え〜」とか「わ〜」とか「お〜」とか、
楽しい悲鳴?が、あがっていました。

一番人気があったのは「大桑」と「剣先」。
酸味がマイルドで、飲みやすいという評判でした。
そして「古城」の皮の有無での味の違いにも驚き!

ジュース用の梅を金沢の野菜ソムリエ北形謙太郎さんのお店 から
お取り寄せしようとしたら、品種によっては、日程に合わないものもあり、、、
「なら、作ってあげましょうか?」との嬉しいお申し入れ。
今回は、甘えさせてもらいました〜!北形さん、感謝です!!!


そして、カンタンに出来る梅仕事のご紹介と、
梅をつかった薬膳レシピのご紹介。
試食につかった梅酢と梅干しは、去年漬けた自家製を使いました♪

420_梅3.jpg
梅のさっぱり素麺(不眠やむくみに)

420_梅4.jpg
梅ひじき、梅酒蒸し鶏(夏バテ予防に)

420_梅デザート.jpg
梅実茶ジュレ(夏場の頭痛、肩こりなどに)

中国の梅ジュース「酸梅汁」と、
青森の八助梅(という杏)の紫蘇巻き漬けも試食〜。

そして、おうちですぐ梅仕事を実践出来るように、
青梅と完熟梅を、少しずつお土産にお渡ししました〜。
(レッスンした梅味噌。そろそろ漬かったころかしら〜?)

今回もまた、天然っぷりを炸裂させてしまいましたが、、、
アンケートでお褒めの言葉を頂戴し、感謝感激でございます!!

ご参加くださったみなさま、ご協力くださったみなさま。
ありがとうございました!!!!!

次回開催予定は、8月下旬か9月を予定〜。
詳細はこのサイトにて告知しますので、
またのご参加をお待ち申し上げております〜(^^)/
posted by トウコ at 03:21| Comment(0) | ベジ*タベル

2010年03月15日

レンコン*タベタ☆レポ。

3月のベジラボ講座は、レンコン*タベルParty。

癒し系の『蓮花茶』でリラーーーックスしながら、
レンコンへの関心を深めていただきました。

レンコン1_420.jpg
この日、味わっていただいたのは、
土浦のレンコン農家さんからお取り寄せしたレンコンくんたち。
そして、薬膳素材の『蓮の実』や『蓮の葉』なども。

いつもの、、、キャシー先生作のベジキャラもいますよ!
レンコンキャラ_420.jpg
今回は、双子のレンコンブラザーズ〜〜〜!

レンコン2_420.jpg
「ボクたち、なかなかデキルヤツなんだよ!
 葉っぱから地下茎まで、ぜ〜んぶ食材としてつかえるんだ。
 それから、種(蓮の実)からでも育つけど、
 じゃがいもみたいに、種レンコンからも栽培出来るんだ」

レンコンくんにまつわるあれこれ話の後は、
調理法の違いによる、食べ比べ実験。
レンコン3_420.jpg
加熱時間の違い、茹でと焼きの違いを、
『金澄20号』と『備中種』で、食べ比べ〜〜〜。
素材の味をじっくり感じてもらいました。


さぁ、次は調理実習〜。
蓮の実、蓮の葉、蓮の花、そしてレンコンくんたちの
薬膳的なことをいろいろお話しながら、
素材をいかした、かんた〜んレシピを伝授☆

レンコン4_420.jpg
潤い不足&食欲不振の方向けにレシピに工夫をした、
『ふんわり蓮根シューマイ』

レンコン5_420.jpg
冷え性&ストレス多めの方向けのレシピ構成の、
『ほっこり蓮の実おこわ』。

みんなで、キャーキャーワイワイつくりました。
こんなにカンタンなの?!と、なかなか好評。
よかった〜(自画自賛、笑)

できたてホカホカの、シューマイやおこわと一緒に、
レンコン6_420.jpg
『芽蓮まるっと煮』『中華風レンコンマリネ』も食べてね。

〆は、(うっかり出し忘れそうになった)デザート。
レンコン7_420.jpg
美肌系レシピ、『ぷるぷる蓮根きなこ餅』ですよ。

こんな風に、フルコースも出来ちゃうくらい、
可能性をたくさん秘めている、素敵な食材レンコンくん。

レンコン8_420.jpg
「どう?もっとボクらを好きになってくれたかな?」


ご参加くださったみなさま、ありがとうございました〜♪

次回は5月の開催を予定しています。
詳細が決まりましたら、このサイトにてご案内します。


☆参加者目線のレンコン講座の様子は
→☆
むろPさん、ブログでのご紹介ありがとうございました!

→☆
野菜ジャーナリスト篠原久仁子さん、公式ブログでのご紹介ありがとうございました!
posted by トウコ at 04:13| Comment(0) | ベジ*タベル

2010年01月30日

青森冬野菜*タベタ☆レポ。

1月のベジラボ講座は、青森冬野菜*タベルParty。
青森のプレミアム野菜や伝統野菜を味わっていただきました。

Photo by Hioki
420_4_large.jpg
野菜のお品書きは、「おいしい書道」ひおき先生の書。
さすが!ググッとおいしさが増量してみえます。

あ、もちろん!キャシーせんせい作ベジキャラもいますよ。
雪のベッドでのんびりしてる雪にんじんくんと、ちょいワル顔のりんごくん。
420_8_large.jpg
どもーーー。津軽生まれの雪にんじんとりんごだ〜!
今日は、青森をたっぷり満喫してもらうはんでの〜。

いつもは、テーマ野菜についてじーっくり。
な、ベジタベルラボだけれど、
420_12_large.jpg
「青森冬野菜」という、ひろーいテーマだはんで、
始めに、冬の食養生と冬野菜との関係をおはなししたみたいよ。

ま、むずかしいハナシはそこそこにして。。。

おまちかねの試食タイム〜☆
420_18_large.jpg
まずはボク、ふかうら雪にんじんを食べでみで〜。
雪のふとんのなかでゴロ寝してるうちに、甘くなったんだ。

隣はアピオスくん。地元ではホドイモっていうんだよ。

420_40_large.jpg
次は、大鰐温泉もやしと一町田のセリを食べへ〜。
地元でも入手しにくい、青森の稀少な伝統野菜なんだよ〜。

420_35_large.jpg
根っこもおいしいって言われてるんだ。食べで〜。

キホンの味を感じてもらったところで・・・
420_49_large1.jpg
素材の味をいかした&冬養生を意識した、
ベジラボオリジナルな簡単レシピの紹介〜☆

420_53_large.jpg
どーだったぁ〜???


今度は、青森の郷土料理レッスン。
粉文化が発達した南部地方に伝わる「ひっつみ」づくりするよ。
420_54_large.jpg
出荷量が全国一の青森のごぼうくんや
ボクたちにんじんなど、野菜がたっぷり入った鶏スープに、

420_60_large.jpg
小麦粉ベースでつくったおもちを、ちぎってひっぱって投げ入れる。
だから「ひっつみ」。別名は「ふつぎり」「とってなげ」。

せんせいが、おいしく出来る秘伝の技を伝授してたよ。

420_99_large.jpg
で、こうなる。

420_109_large.jpg
「おいしい♪」と大人気で。すぐ、お鍋が空っぽに。

もういっこ、郷土料理の味。大根とにんじんの子和え。
真鱈の子をつかったお正月料理だよ。
420_97_large.jpg
南部地方では、大根とにんじんをつかうけれど、
津軽地方では、にんじんのみ。又はにんじんとしらたき。

同じ県内なのに、気候も文化も言葉もだいぶ違うんだよね。

もぐもぐ食べながら、
なんでそんなに違うのかっていう歴史や文化のおはなしや、
津軽と南部の方言講座も・・・
試食よりも盛り上がった方言講座。せんせい、それでいいんだが?
420_98_large.jpg
420_120_large.jpg

講座修了後に、表参道のねぶた運行も観に行ったんだば〜。
420_128_large.jpg

青森まるごとだったベジラボ、楽しんでもらえた〜?
420_117_large.jpg
へば〜。(またね〜。by津軽弁)

今回は、津軽衆の雪にんじんくんナビゲートでおおくりしました(笑)

*きゃしーせんせいのレポは→☆
*ひおきせんせいのレポは→☆
posted by トウコ at 00:04| Comment(0) | ベジ*タベル

2009年12月26日

りんご*タベタ☆レポ。

420_PC230404.jpg
先日緊急開催した“青森りんご*タベルParty”。
急なお声がけにもかかわらず、お集りくださったみなさま。
ありがとうございました☆

420_PC230410.jpg
本日のキャストは、青森のりんごくん6種類。

ウラハラ☆藝大教授でもある
元青森放送アナウンサー後藤みほこさんが、お取り扱いしている

「love aomori テイスティングBOX」から、
(詳細はこちら→★

青森のりんご生産者、外川さんのつくった5種類を。
「ふじ」「葉取らずふじ」「王林」「シナノゴールド」「星の金貨」。
外川.JPG
この方が外川さん。農林水産大臣賞を4年連続で受賞されている方です。イケメ〜ンです。



そして、あと1種類は、
知るひとぞ知る木村秋則さんのつくった「ふじ」をご用意。
自然農法で実らせたりんごは、奇跡のりんごとも称されています。
_C236922.jpg

あ!そこにいるのはっ!!
_C236920.jpg
ヤツだ!!
今回もキャシーせんせい作のキャラ。今回はちょい悪キャラ??

_C236971.jpg
りんご「へへ。ボクが主役だよ〜ん。」

_C236967.jpg
りんご「今日は新聞社の取材がはいっているんだよ。ボクも載るのかな?」


さて。気を取り直してまずは、クリスマスカラーのオードブル。
りんごのカンタンカナッペをどうぞ〜。
_C236925.jpg
<りんごのカナッペのつくりかた>
材料/りんご1個、レモン汁1/3個分、きび砂糖大さじ1、
クラコット(クラッカーでも可)1箱、クリームチーズ適量、
アップルミントの葉適量
1、りんごを皮のついたまま、さいの目切りにします。
2、1と、レモン汁、きび砂糖を、圧力鍋に入れて、
  高圧で1〜2分煮ます(普通のお鍋なら中火で20分程)
3、りんごが皮までとろとろになったら、全体をかき混ぜて、
  蓋を開けて、水分を飛ばすように中火で煮ます。
4、クラコットにクリームチーズを塗り、冷やした3をのせ、
  アップルミントをトッピングして出来上がり。

赤いりんごを皮ごとつかうことで、キレイな色が出ます♪
&栄養的にも、GOODです〜

今回つかったりんごは、ジョナゴールドです。

1〜3が面倒であれば、市販のりんごジャムでもOKですが、
甘すぎるので、のせる量を控えめにするのがよいかと思います。





よい香りにつられて、思わず手に取ってしまうみなさま。
_C236987.jpg
_C236991.jpg
_C236993.jpg

_C236984.jpg
りんごくんの香りに包まれながら、
収穫までの流れや品種、都市伝説の話を少ししました。
みなさんからの矢継ぎ早の質問に。
お、りんごくんに興味津々になってきたな。と、にやり。

_C236962.jpg
みなさんのりんごくんへの関心が高まったところで・・・


お待ちかねの食べ比べ〜。
_C237004.jpg

420_PC230420.jpg
品種や生産者による違いを味わっていただきました。

おまけに。
420_PC230429.jpg
飛馬りんごの無添加ストレートジュースも飲み比べ〜。
ふじ&王林&ジョナゴールドのブレンドと、
ジョナゴールドのみの、2種類のストレートジュース。
真空充填絞りなので、酸化防止剤無使用なんですよ。
(ジュースのお取り寄せはこちら→ またはこちら→

りんごキャラ.jpg「どう?楽しかったかな?」


※読売新聞・1月10日(日)朝刊の『東京ホットぷれいす』に掲載されるらしいです〜。


<Photo 4~14 by Hiroaki Seo>
posted by トウコ at 04:58| Comment(0) | ベジ*タベル